月別アーカイブ: 2017年2月

#3 ブラタハラ を終えて

2017年1月21日に第3回目のマッピングイベントとなるブラタハラを開催しました。

今回のブラタハラでまち歩きをした場所は豊橋から田原まで走っている渥美線の終着駅である、田原駅周辺です。

寺院などが立ち並ぶ「寺下通り」を巡るグループと「田原城」や「渡辺崋山」の歴史を巡るグループに別れ、各グループOpenStreetMapへの書き込みや、Wikipediaの記事作成&編集を行いました。

TopImageNologo

今回ガイドさんに案内して頂いた箇所は大きく分け8箇所のスポット及びルート近辺を巡りながら案内していただきました。 まだ他にも回った箇所はあるのですが書ききれないので代表的なスポットのみ掲載します。

■【共通】寺下通りの寺院を巡るコースと田原城(渡辺崋山)を巡るコース

  • 田原港跡
  • 旧広中家

■ 寺下通りの寺院を巡るコース

  • 龍門寺・龍泉寺
  • 慶雲寺・城宝寺

■ 田原城(渡辺崋山)を巡るコース

  • 護国神社(田原城)
  • 華山会館
  • 巴江神社(田原城)
  • 池ノ原公園

これらのスポットをガイドさんに案内していただき、田原の歴史を聞いた後、会場に戻り実際に見て聞いた情報を元にWIkipediaとOpenStreetMapのグループに分かれ、得たばかりの情報の発信(世界デビュー)を行いました。

今回のイベントの様子は参加者の方が詳しくブログにまとめて頂きました。 コチラも合わせて御覧ください。

また、今回のイベントは田原・豊橋・新城周辺のローカルテレビである「ティーズ」に取材頂きまして、 1月24日にブラタハラの様子を取り上げ放送されました。

さて、ブラタハラの趣旨はまちの歴史や土地を調査し、世界に発信することにあります。 今回のイベントは第三回目ということもあり、皆さん慣れた作業で続々とWikipediaへの加筆や、OpenStreetMapの編集を行っていました。 また、初めての方もウィキペディアン(Wikipediaの編集者)やマッパー(OpenStreetMapの編集者)の方々の手助けもあり、多くの記事や、地図の加筆を行えました。

以下より今回のイベントの成果発表になります。

ブラタハラの成果

今回主にデータの編集を行ったのは田原城と城宝寺付近になります。 OpenStreetMapとWikipediaへ加筆した内容を順を追って以下に掲載します。

田原城コース「OpenStreetMap」(Before & After)

Beforeのマップを見る限り田原城近辺ではまだ情報が掲載されておらず、誰も手をつけていないことがわかります。 また、情報量が少ないため、どの場所が田原城で周辺施設がどのような施設があるのかも、おおよその場所しかわからず、観光客がこの地図を頼りにまちを観光して回ると苦労すると思います。 (私も、まち歩き中に現在地をよく手持ちの地図で確認していたのですが、現在地を探すのに一苦労しました。)

田原城Before

それがなんと、今回のイベント後にはAfterのようにOpenStreetMapに加筆されました。 田原城の城内の様子はもちろん周囲の建物の形状や、施設の名称までしっかりと加筆されており、より多くの情報が公開されていることがわかります。

田原城After

また、OpenStreetMapとWikipediaへの相互リンクを掲載しました。 OpenStreetMapでまちを歩き、Wikipediaで歴史を調べる、これでより良い観光ができるようになりましたね。

田原城OSM

田原城コースの「Wikipedia」

田原城の記事は既にWikipediaに存在していましたが、記事に出典の情報がありませんでした。 Wikipediaでは誰でも編集が可能であるため、情報ソースが最も重要であるとウィキペディアンの方より伺っていたので、田原城の記事には出典の追加を行いました。 他にもイベント時間中に30名近くの田原城城主を記入してくださいました。 せひ一度Wikipediaよりご覧になってみてください。

また、田原城の詳細な地図を開けるようにするため、WikipediaとOpenStreetMapの相互リンクを配置しました。 これで歴史と土地の情報が結びつきやすくなりましたね。

田原城Wikipedia

寺院コースの「OpenStreetMap」(Before & Afrer)

こちらもBeforeのマップを見る限り、地図に情報が全然掲載されておらず、ここに寺院が建ち並んでいるとは思えない状況です。

寺院Before

それがなんと、コチラもマッパーの方々のお陰で、複数立ち並ぶ寺院の場所や寺院の形状などがとてもわかり易くなりましたね。

城宝寺After

また、こちらの城宝寺も田原城と同様にOpenStreetMapとWikipediaの相互リンクを掲載しました。 OpenStreetMapを利用し観光される方が増えると良いですね。

寺院コースの「Wikipedia」

コチラのWikipediaの記事は新規作成記事になります。 今回のブラタハラ中に4つもウィキペディアンの方々が記事の作成をしていただきました。 以下は新規作成された城宝寺の記事になります。

スクリーンショット 2017-01-27 21.13.01

ぜひイベントで新規作成されたページを御覧ください。

第3回ブラタハラを終えて

今回のイベントは第1回ブラトヨハシより続いた今年度3回目のマッピングイベントでした。 3回目ということもあり、皆さん手際がよく、Wikipediaの編集やOpenStreetMapの加筆などがとてもスムーズに行えました。 ブログで詳細を紹介できたのは一部ですので、今一度新しく生まれ変わった田原のOpenStreetMapやWikipediaの情報をご覧いただけたら幸いです。

また、これまでのイベントのうち、今回のイベントが最も多くの情報を公開できたように思います。 これもイベントに参加頂き支えてくださった以下、ウィキペディアンやマッパーの方々、現地の案内をしてくださった方々のサポート、そして当日参加頂いた皆様のご協力があってのことだと思います。

■OpenStreetMapへのマッピングの技術支援をしていただいた方々

  • Code for SAITAMAの副代表でマッパーの古田様
  • 小宮山様
  • 瀧口様
  • 下り専門さん (ハンドルネーム)

■Wikipediaの編集方法を支援していただいた方々

  • 京都府立図書館の是住様
  • 澤田様
  • Halowandさん (ハンドルネーム)

■現地の案内をしていただいた方々

  • 田原市文化財課の増山様
  • 田原市役所の木村様

この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

以上、長くなりましたが、皆さまのご協力もあって、ブラタハラを終えることができ、私達うずらインキュベータもほっとしております。 また、40名近くの方々にご参加をいただき私達も嬉しい限りです。

今後もイベントを開催する際には皆様、ご参加・ご協力の程どうかよろしくお願いします。

愛知大学地域政策学部・まちづくりコースへの協力について

1/13(金)に豊橋駅前の開発ビルにて、愛知大学地域政策学部・まちづくりコースの2016年度最終発表会が開催されました。

今回、まちづくりコースの駒木先生のクラスでは、「まちなかまちあるきプランの提示」をテーマにしており、豊橋駅周辺のまちあるきの調査にあたって、スマホからとった写真や調べた情報を登録し、地図上にマッピングして可視化することができる「まちなかポイポイ」というシステムを提供させて頂きました。

machinaka-poipoi

実はこちらの「まちなかポイポイ」というシステムの前身は、Code for MIKAWAも技術サポートとして協力させて頂いた(本ブログの記事でも紹介した)、昨年(2016年)の6/18~9/24の間に行われた3大学連携ハッカソンにて、webシステムの開発をしたことがない学生に少しでもイメージをもってもらうために、例えばこんなwebサービスが作れるよ、と「愛大ポイポイ」として紹介したものになります。

「愛大ポイポイ」の紹介の際には実際にチームごとに愛知大学内を巡り、お題として出されたものの写真をとってシステムへ登録してもらい、参加者全員で評価して最もいいねを集めたチームを決めるというゲームを行いました。

愛大ポイポイ1

愛大ポイポイ2

このシステムはハッカソンに参加された学生にも好評で、これをきっかけに愛知大学地域政策学部・まちづくりコースの駒木先生のクラスでのまちあるき調査にこのシステムを使って頂けることになりました。

この「まちなかポイポイ」というシステムは愛知大学の駒木先生の学生にも好評で、楽しみながら使って頂くことができました。

まちあるきで調査した情報は下記のように地図上にマッピングし、可視化して確認することができます。

まちなかポイポイ_地図_スクリーンショット_20170118

学生たちはチームごとに協力し、システムを活用して豊橋駅周辺の情報をたくさん登録してくれています。

また、中には楽しそうに飲み会で使ったお店の情報をのせてくれていたりします。

まちなかポイポイ_一覧_スクリーンショット2_20170118

このシステムを使ってまちあるき調査した内容をもとに、チームごとに最終成果発表を行って頂きましたので、以下に簡単に紹介します。

豊橋 過去から未来へ

豊橋の旧東海道を意識して、江戸時代から平成までにかけての移り変わりをまとめたものを発表してくれました。

愛知大学-まちづくりコース発表会-豊橋-過去から未来へ

昔の写真も使いつつ、時代の変化に着目した成果発表をして頂き、豊橋の歴史も学ぶことができる内容でした。

豊橋SWEETS巡り

豊橋駅から徒歩10分以内にあるスイーツを取り扱っているお店を調査して発表してくれました。

愛知大学-まちづくりコース発表会-豊橋SWEETS巡り

おいしいスイーツ店はみんなが知りたい情報なので、ぜひ「まちなかポイポイ」で取集したデータをオープンデータとして公開頂きたいです。

TOYOHASHI GO

豊橋駅の周辺の魅力的なお店(飲食店など)を紹介した上で、豊橋駅の活性化につなげるために「TOYOHASHI GO」という紹介したお店を自由に回るスタンプラリー企画を提案頂きました。

愛知大学-まちづくりコース発表会-TOYOHASHI-GO

スタンプラリー企画では、行った場所、食べたものを位置情報つきで写真をのせ、面白い写真がとれれば景品の贈呈なども考えてるとのことですので、まさに「まちなかポイポイ」の機能を活用できる企画とかと思いますので、ぜひ実現の際には「まちなかポイポイ」を活用頂きたいです。

この「まちなかポイポイ」というシステムは、愛知大学の学生にも活用頂いたように、まちなかの情報を写真や位置情報とともに収集・共有することできます。 また、集めたデータはオープンデータ化し、発表にもあった「TOYOHASHI GO」のようなイベントなどで活用することで、地域活性にもつなげることができるものと考えております。

今回、愛知大学の駒木先生の学生からは「まちなかポイポイを使って楽しくまちあるきができました」 といった嬉しい言葉や今後の改善につなげるためのシステムへの要望を頂くことができました。

今後は頂いたシステムへの要望を取り入れて改良を行い、まちなか活性化につなげられるようなシステムにしていきたいと考えております。
また、今回は豊橋駅周辺の調査に活用頂きましたが、豊橋だけにとどまらず、田原を筆頭に東三河地区、その他の地域でもどんどん活用の場を広げていきたいです。

最後に、今回、授業の一環で「まちなかポイポイ」のシステムを活用、そして今後の改善につなげられる貴重な意見を頂戴した、愛知大学地域政策学部・まちづくりコースの駒木先生および学生の皆様にこの場を借りて感謝を申し上げたいと思います。