小3軍団を引き連れ、鬼まつりを超楽しめるウェブアプリ「おにどこ」をやってみた

豊橋で千年前から続く天下の奇祭鬼まつり。
こんなに長く続く田舎のお祭りはさぞや保守的で新しい風など一切吹かない、
様式美の祭りかと思っとったら、
大間違い!

あの日、4人の奇才少年少女を引き連れ、鬼まつりを満喫して来ました。
日がくれた頃、いよいよスマホを持ってみんなでまちに繰り出した。
IMG_7875

札木通りあたりで「おにどこ」を見ると、ちょうどまっすぐ行った右側あたりに、鬼も天狗もいるではないか。
「おい、急げ急げ、あすこにおるぞ。はしれはしれ!」

あれ、思いの外早く鬼の一団に遭遇。
「おにどこ」の位置と明らかに違うし。。。
なるほど、テスト運用ならではのアクシデントか。
アクセスが集中しすぎたんだな。。。
さすが、「おにどこ」。皆んなの注目の的だ。

あれ、この鬼ちょっとちっこい?
IMG_7859
取り巻きの白い粉を撒き散らしているお姉さんに聞いてみたら、「この子は、小鬼だよ」とのこと。
小鬼は、「おにどこ」に載ってないから、偶然出会えてラッキー。
テスト運用でも「おにどこ」はちゃんとパワフルに機能している。

赤鬼と天狗を目指し辿る歩道はもう真っ白で、タンキリ飴があちこちに散乱しとる。
それをチョコっと拾って、口に放り込むと素朴な甘さがとてもいい。
ふと、振り返ると、うちのチームの天才奇才の少年少女は路上に散らばった飴を拾いまくって、パンパンに頬張っていた。
さすが、うちのチームだ。
IMG_7862
更に、奴らが手に提げたビニール袋もいい感じに膨らんでいる。

さて、我に帰って「おにどこ」を皆でチェックして、
IMG_7864
追跡することができ、赤鬼と天狗にちゃんと遭遇することができました。
天狗は、ドドドドーッと一気に走り去って行ったけど、
赤鬼はゆっくり家々を回っとる。
賑やかで楽しくて、赤鬼の近くで夢中で飴を拾っていたら、白い粉をしっかりまぶされて、
IMG_7886
大泣きした我がチームの少女。
「今度、赤鬼にあったらぶっ殺す!」 と闘志を燃やしとった。
よかったね。来年、復讐に行こう!

うちのチームの面々は、帰りの電車の中でも、まだ顔と髪とジャンパーが真っ白でした。

しかし、鬼や天狗があんなにきめ細かく一軒ごとに家々を回っているとは、驚きでした。
最後に、神明社に帰ったのが、夜中の12時近く。
赤鬼と天狗がずっと豊橋で愛されてきた理由がよくわかるね。
「おにどこ」を使ったもんで、これもわかったことです。
「おにどこ」で見ると、お祭りをマクロでリアルタイムに把握することができ、プチ神の眼体験ができました。
少年少女をはじめ、おっさんまでも、センスオブワンダーな一日でした。

「おにどこ」ありがとー!
来年は、この活用方法をもっと極めて、鬼まつりを存分に楽しみたいと思いました。

https://o2doko.com/

おにどこ

1/20 「ブイアールサンダー in 豊橋2018」の開催報告

1/20(土)に豊橋の二川にある商家「駒屋」にて「ブイアールサンダー in 豊橋2018」を開催しました。

ブイアールサンダー2018-駒屋

このイベントはVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)等の先進的な技術に触れて頂くということはもとより、他の地域にはない3Dモデルや全天球画像といった豊橋市のオープンデータの活用・体験の場として、エンジニアだけでなく、一般市民も巻き込むということを目的に開催しました。
今回のイベントでは展示作品の「オープンデータ手筒花火」と「トヨッキーの仮装大賞」が実際にオープンデータを活用した作品となります。

今回、開催場所に平成15年5月より豊橋市指定有形文化財となった建造物である商家「駒屋」を選んだのは歴史・文化と最新技術がコラボレーションすると何か面白いことができるんじゃないかという発想からきてます。
エンジニアと一般市民もそうですが、普段交わらない人たちが交わることで新しい化学反応が生まれ、新しいイノベーションが生まれるきっかけにもなりえます。

イベントの概要については、以下のチラシをご覧ください。

ブイアールサンダー2018-チラシ画像

また、イベント当日の様子については、参加者・講演者の方が素晴らしい記事を書いてくださっているので、ぜひ以下の記事をご覧ください!

また、Twitterでも参加者の方々から以下のお声を頂いております。

本記事では当日撮った写真をもとに簡単にご紹介させて頂きます。

展示

「HoloLensの展示」(株式会社 HoloLab 代表取締役 中村 薫 様)

ブイアールサンダー2018-展示-HoloLens

「MOVERIO+土下座アプリ」(日本Androidの会 浜松支部 @macha1972 様)

ブイアールサンダー2018-展示-土下座アプリ

「ルームシミュレータ」(豊橋技術科学大学 水谷研究室 様)

ブイアールサンダー2018-展示-ルームシミュレータ

「ただし, 真っ二つだぞ?」(豊橋技術科学大学 大村研究室 小柳 陽光 様)

ブイアールサンダー2018-展示-ただし, 真っ二つだぞ?

「VRトヨッキー」(J21 Corporation 広瀬 卓哉 様)

ブイアールサンダー2018-展示-VRトヨッキー

「オープンデータ手筒花火」(株式会社ウェブインパクト 様)

ブイアールサンダー2018-展示-オープンデータ手筒花火

「トヨッキーの仮装大賞」(株式会社ウェブインパクト 様)

ブイアールサンダー2018-展示-トヨッキーの仮装大賞

講演

あいさつ

ブイアールサンダー2018-あいさつ

講演 株式会社エクシヴィ 代表取締役社長 近藤 “GOROman” 義仁 様

  • 「世界で見てきたVR/AR/MR」

ブイアールサンダー2018-GOROmanさん「世界で見てきたVR/AR/MR」

ライトニングトーク

  • 「VR3.0時代にむけて」 – 豊橋技術科学大学 大村研究室 小柳 陽光様

ブイアールサンダー2018-LT-VR3.0時代にむけて

  • 「XR女子部と個人活動」 – あいかちゃん

ブイアールサンダー2018-LT-XR女子部と個人活動

  • 「SNSキャンペーンを支える技術2018」 – くぅくん

ブイアールサンダー2018-LT-SNSキャンペーンを支える技術2018

講演 株式会社 HoloLab 代表取締役 中村 薫 様

  • 「HoloLens/Windows MRが実現する MRの世界」

ブイアールサンダー2018-中村様「HoloLensとWindowsMixedRealityが実現する新しい世界」

講演が終わった後には参加者の皆さん全員で集合写真をとりました。

ブイアールサンダー2018-参加者集合写真

また、会場の片づけ後にスタッフ全員でも集合写真をとりました。

ブイアールサンダー2018-スタッフ集合写真

そして、懇親会へ!

ブイアールサンダー2018-懇親会1

ブイアールサンダー2018-懇親会-ヒアリ4D

本イベントは平成29年度豊橋市オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成を受けて実施しており、開催にあたっては以下のスポンサーの方々にご協賛を頂き、無事開催することができました!

おかげ様で本イベントには地元豊橋はもとより、東京、三重、静岡など各地からもご参加を頂き、合計113人(講演会45人)の参加者の皆様にお越し頂きました。
そして、運営にご協力頂いたスタッフの皆様のおかげで何とかイベントを無事終えることができました。
この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

最新技術に詳しいエンジニアの間では一般的になりつつあるVR、AR、MRといった技術ですが、まだまだ一般家庭の普段の生活ではなかなか触れる機会がありません。
今回のイベントを通して、エンジニアの方にはアプリ開発の際にオープンデータを活用する選択肢もあることを知ってもらうこと、一般市民の方にはオープンデータも活用したVR、AR、MRといった最新技術の体験を通して自分の生活、地域にどう役立てることができるかを考えるきっかけになれば幸いです。
そして、いずれはエンジニアと一般市民がお互いに協力して、みんなの持っているまちの課題に向けて、技術に使われることなく技術を活用して自分のできる範囲でまちづくりに参画していけるようなそんな地域にしていきたいです。

引き続き、Code for MIKAWA(うずらインキュベータ)は皆様のご協力も頂きながらIT技術をうまく活用し、地域のまちづくりに少しでも貢献していきたいと考えております。

それでは、また次回のイベントで!

12/9 地図お絵描き学習会(大人編)の開催報告

12/9(土)に「豊橋市こども未来館 ここにこ」(以下、ここにこ)で「地図お絵描き学習会(大人編)」を開催しました。 このイベントは、みんなで街歩きをしてOpen Steet Map(以下、OSM)という誰もが自由に使える地図を編集し、地元豊橋の地図をもっと充実させていこうというマッピングパーティーといわれる活動です。

これは11/25(土)の「電車お絵描き学習会(子ども編)」の続編となり、子どもたちにパソコンを使って電車のアイコンを描いてもらったものを「のってみりん」の大人が描いたOSMの地図の上を走らせようというコラボレーション企画です。

11/25(土)の「電車お絵描き学習会(子ども編)」については、以下の記事をご覧ください。

・「電車お絵描き学習会~子供編~ 電車の絵がGO! の開催報告」
https://uzura.org/archives/1261

イベントの概要については以下のチラシをご覧ください。

電車お絵描き学習会-チラシ

「のってみりん」とは、豊橋の路面電車やコミュニティバスのリアルタイムの位置が地図上で確認できるwebサービスです。
これがあればもう乗り遅れ知らずのとても便利なサービスです。以下のURLよりぜひ実際にアクセスしてご活用ください!

・のってみりん
https://knot.temirin.jp/

イベント当日の様子をご紹介します。

10時からイベントがスタートしました。
まずはCode for MIKAWAの木村さんからあいさつとイベント趣旨の説明です。

1209地図お絵描き学習会-C4M-木村さん

今回の目的はOpen Street Mapの地図の主要なスポットが自立して描けるようになること!
地図の利用者にとって大事なのは目印となる主要なスポットがきちんと書かれていることであり、Open Street Mapを一般の人にもっと使ってもらうために重要と考え、このお題にしました。
そのため、今回はできるだけ一人一スポットを目標に成果が出せるように、フィールドワークの際には何を描くかをよく考えながら調査し、まとめていくことを課題にしました。

続いて、毎度お馴染み Code for SAITAMA 副代表のサイタマッパー古田さんによる「本日の見どころ・描きどころ」の紹介。

1209地図お絵描き学習会-古田さん

本日歩くルートとスポットを紹介してもらいつつ、先の目標を達成できるようにどこに注目して歩いたらよいか、など実践的なことをご紹介頂きました。

古田さんの講義が終わった後、いよいよ街歩きに出発です。

今回の街歩きルートは以下の通り!

1209地図お絵描き学習会-umap地図_20171209_2

古田さんは東田周辺が地元だということで、今回は古田さんにはなんとOSMの講師役だけではなく、現地ガイドも兼任して頂きました!

「ここにこ」を出発し、まずは腹ごしらえのため、「きく宗」へ。

1209地図お絵描き学習会-きく宗-外観

みんなで自己紹介や雑談をしながら食事を待ち、伝統のなめし田楽を食べました!

1209地図お絵描き学習会-きく宗の様子1

1209地図お絵描き学習会-きく宗の様子2

1209地図お絵描き学習会-きく宗の様子3

地元とはいえ、普段はなかなか来ないので、改めて食べるととってもおいしい!

食べ終わった後は札木駅から路面電車へ乗り込みます。ここで「のってみりん」の出番です!
予め「のってみりん」を見て、ちょうど札木駅で路面電車と落ち合えるように「きく宗」を出発したところ、ビンゴ!

1209地図お絵描き学習会-路面電車-札木駅

ちょうど良いタイミングで路面電車に乗り込むことができました。 さすが「のってみりん」!ばっちりです!

そして、札木駅から東田駅まで路面電車で移動し、いよいよ街歩き調査の本番スタートです!
街歩きした箇所を簡単に紹介します。

①東田遊郭・②東田園跡

1209地図お絵描き学習会-東田園跡

③競輪場

1209地図お絵描き学習会-競輪場

競輪場に行く途中には、超芸術トマソンがっ!!

1209地図お絵描き学習会-超芸術トマソン

④二連木城跡(大口公園)

1209地図お絵描き学習会-二連木城跡

⑤全久院

1209地図お絵描き学習会-全久院

⑥東田神明宮、⑦東田古墳

1209地図お絵描き学習会-東田神明宮

一通り回ったところで、東田坂上駅から札木駅まで。またまた「のってみりん」の出番です!
ここでもちょうどよく路面電車がきて、スムーズに乗ることができました!

1209地図お絵描き学習会-東田坂上駅

札木駅を降りて、大正軒でみたらし団子を食べて小休止し、会場の「ここにこ」へ戻りました。

ここからがいよいよ地図作成の作業本番です。

いきなり作業をするのではなく、今回は古田さんにお願いし、JOSMというOSMを編集するソフトを使ったプロの技を実演頂きました!

1209地図お絵描き学習会-古田さん-OSM実演

普段はなかなか見れないところでもあり、プロがどうやって作業しているのかが垣間見れ、描き方の参考になりました。

そして、古田さんの実演後、それにならって参加者の皆さんも地図の作成作業を開始しました。

1209地図お絵描き学習会-地図作成作業1

参加者の方々も分からないところは遠慮なく古田さんに質問し、作業を進めていました。

1209地図お絵描き学習会-古田さん-OSMレクチャー

なお、今回は新たな試みとして、同日に開催している日進市の「ブラニッシン」、そして「人工知能学会」と現地生中継を行いました。
途中までは作業風景を垂れ流しておりましたが、成果発表をお互いに実況中継をしました。

1209地図お絵描き学習会-中継の様子

それでは、いよいよ本イベント「地図お絵描き学習会」の成果を発表します!

東田園跡

1209地図お絵描き学習会-成果-東田園跡

公園の情報が追加されています。

二連木城跡(大口公園)

1209地図お絵描き学習会-成果-大口公園

大口公園内の石碑やトイレ、案内板、ベンチなどが追加されています。

全久院

1209地図お絵描き学習会-成果-全久院

寺院内の建物、駐車場、林などの情報が全体的に追加されています。

東田神明宮

1209地図お絵描き学習会-成果-東田神明宮

神社内の建物や林などの情報が全体的に追加されています。

そして、今回歩いた東田周辺を「F4map」というOSM地図を3D表示できるサービスを使って見ると、以下のように地図を立体的に表示することができます!

1209地図お絵描き学習会-F4map_Demo_Interactive_3D_map-東田周辺

また、第1回目ブラトヨハシの成果も「F4map」で豊橋公園周辺を見ると、建物、道路、緑地帯や森林などがきれいに立体的に表示されてます。

1209地図お絵描き学習会-F4map_Demo_Interactive_3D_map-豊橋公園周辺

こちらの「F4map」は以下のリンクよりご確認頂けます。
https://demo.f4map.com

OSMでは地物を登録する際に様々な属性情報をつけることができ、例えば、建物の階数を入力することでその高さが3D表示に反映されます。
「F4map」では属性情報を表現する一つの手段として3Dを用いており、OSMを軸にこういった様々な見せ方が色々なサービスで提供されているのもOSMの魅力の一つだと思います!

成果発表の後、最後はここにこのBigVisionで子どもと大人の最終成果を表示し、みんなで集合写真をとりました!

1209地図お絵描き学習会-集合写真

今回のこのイベントは以下の方々のご支援があり、無事開催できました。

・古田さん
  講師役と現地ガイド役を兼任頂きました!
・下り専門さん
  事前の写経にご協力頂きました!
・イベントに参加頂いた皆さん

本当にありがとうございました!この場を借りてお礼申し上げます。

今回も皆さんのご協力のおかげで、徐々に豊橋の地図が充実してきています!
今後もブラトヨハシシリーズを開催し、色んな人にOpen Street Mapのことを知ってもらい、地図を活用、作成してくれる人をどんどん増やし、みんなで豊橋をもっと便利な街にしていけるように活動していきたいと思います!

それではまた、次のイベントで!

ブラアツミに協力させて頂きました

12/2に渥美図書館主催でブラアツミが開催されました。
昨年度のブラトヨハシ、ブラタハラに引き続き、どんどん西に下って今度は渥美での開催です。
Code for MIKAWAはこのブラアツミに共催させて頂き、微力ながら協力させて頂きました。

当日の様子を簡単にご紹介します!

当日は9時に田原駅に集合し、渥美図書館に向かいました。
なんとこのイベントではマイクロバスがチャーターされており、貸し切りで会場まで行きました。
さすが図書館!こういった気配りも含めた準備は我々も参考にしたいです!

9時30分には渥美図書館に着き、渥美図書館を見学した後、10時かイベントがスタートしました。

まずは京都府立図書館の是住さんのWikipediaに関するお話から。

ブラアツミ-是住さん_2_20171202

なんとこのイベントのために京都から来てくださいました!

続いて博物館員の天野さんのお話。

ブラアツミ-天野さん_20171202

渥美の地域の歴史はもちろんのこと、田原と渥美の関係など、いろいろなお話を聞くことができました。

そして、ガイドの天野さん、増山さん、鈴木さんのそれぞれ3チームに分かれ、いざフィールドワークへ!

続きを読む →

電車お絵描き学習会~子供編~ 電車の絵がGO! の開催報告

11/25(土)に豊橋のこども未来館「ここにこ」にて、電車お絵描き学習会~子供編~ 電車の絵がGO! のイベントを開催しました。
このイベントは、子どもにパソコンを使って電車のアイコンを描いてもらい、それを「のってみりん」の地図の上を走らせようというものです。

電車お絵描き学習会-チラシ

「のってみりん」とは、豊橋の路面電車やコミュニティバスのリアルタイムの位置が地図上で確認できるwebサービスです。
これがあればもう乗り遅れ知らずのとても便利なサービスです。以下のURLよりぜひ実際にアクセスしてご活用ください!

・のってみりん
https://knot.temirin.jp/

続きを読む →

おどってみりん (第63回 ええじゃないか豊橋まつり) 実証実験に協力!

10/21(土) 18:30~20:00に「おどってみりん」の実証実験が行われ、Code for MIKAWAのメンバーも協力させて頂きました。

「おどってみりん」は豊橋技術科学大学 ユビキタスシステム研究室(大村研究室)と(株)WEBIMPACTが協力のもと開発されたサービスで、豊橋総おどりで踊っている気になる団体のリアルタイムの位置、それから会場周辺の通行規制の場所やトイレなどの場所が自分のスマホから確認できるWEBサービスです。
また、豊橋技術科学大学に在学している山下君が卒業研究で必要となるデータを録るのに行われた超重要プロジェクトでもあります。

↓詳しくはこちらから
https://odottemirin.jp/ おどってみりん-チラシ

続きを読む →

2017年度豊橋3大学まちづくりハッカソン 最終成果発表会

10/1(日)に2017年度豊橋3大学まちづくりハッカソンの最終成果発表会があり、Code for MIKAWAもそのサポートをさせて頂きました。

今年の豊橋3大学まちづくりハッカソンは、まず 8/10~8/11の2日間で愛知大学に泊まり込みでアイディアソンを行いました。

8/10~8/11の2日間の様子は下記の記事をご覧ください。
https://uzura.org/archives/1156

今回の最終成果発表会は、そのアイディアソンで出たアイディアを10/1までにチームで協力して開発を行い、アプリなどの形にして成果発表をするというものでした。

Code for MIKAWAのメンバーも何人か、メンターとして学生のサポートをさせて頂いたということもあり、アイディアがどんな形で成果となるかとても楽しみにしておりました。

各チームの成果発表について以下に簡単にまとめます。

続きを読む →

Code for Japan Summit 2017@しあわせの村に参加してきました

2017/9/23,24の2日間、兵庫県神戸市のしあわせの村にて開催されたCode for Japan Summit 2017へCode for MIKAWAのメンバー4人で参加してきました。

これでCode for Japan Summitへの参加は去年の横浜市に引き続きで2回目の参加です。

参加したセッションについて簡単に紹介します。

1日目

「ギーク公務員が行く!」

Code_for_Japan_Summit_2017_ギーク公務員が行く

このセッションでは、様々な地域で活躍されているギークな公務員3人による濃~いお話しが聞けました。

続きを読む →

2017年度豊橋3大学学生まちづくりハッカソンをサポートしました

8/10~8/11の2日間で豊橋3大学学生まちづくりハッカソンが愛知大学で開催されました。

Code for MIKAWAはこのイベントへメンターとして協力をさせて頂きました。
今回は昨年に引き続き、2度目の開催で 豊橋にある豊橋技術科学大学、愛知大学、豊橋創造大学の 3大学を中心とした学生 36名が参加し、6チームに分かれ、10/1の最終報告会に向けたアイディアソンを行いました。

1日目はチームビルディングを行った上で、seboneプロジェクト、豊橋市まちなか活性課、豊橋市こども未来政策課、 豊橋市長寿介護課の方々からの講演を聞き、アイディア作りに向けたフィールドワークとして外に繰り出しました。

フィールドワークの様子1_20170810

フィールドワークでは、「ここにこ」で真剣にミーティングをしているチームもありました。

続きを読む →

とよはし保育園マップを作りました

Code for MIKAWAでとよはし保育園マップを作成しました。

■とよはし保育園マップ
http://uzura.org/papamama/

本制作にあたっては、豊橋技術科学大学の山下賢治君にご協力頂きました。

image

とよはし保育園マップとは、豊橋市内の保育施設の位置を地図上に表示してくれるWebサービスです。 Code for Sapporoの皆様が作成、公開している『さっぽろ保育園マップ』のコードをもとに、豊橋市がオープンデータとして公開している保育施設のデータを使って作成しました。

さっぽろ保育園マップはCode for Sapporoにより2014年にGitHub上にソースコードが公開されており、コードの一部を変更して地域の保育施設のデータを用意することで、様々な地域の保育園マップを作ることができるようになっています。 実際に、つくば市や千葉市など多くの地域で、自治体が公開しているオープンデータを活用して保育園マップが作成されています。

続きを読む →