豊橋商業高校でのオープンデータ講義のご紹介

2018年7月13日(金)にオープンデータの利活用促進に資する活動として、愛知県立豊橋商業高等学校の学生に向けて、以下の内容のオープンデータ講義を株式会社ウェブインパクトの木村と辻で行いました。

 ・そもそもオープンデータとは
 ・データの作成方法
   ※今回は時間の関係で省略
 ・Open Data HIGASHI-MIKAWAへのアップロードの仕方(ハンズオン)
 ・オープンデータ活用例

このワークショップには、生徒10名、教員2名の計12名の方が参加してくれました!

このオープンデータ講義は、伝統行事として交通量調査を行っている豊橋商業高校と連携し、この交通量調査結果をオープンデータとして公開する意義について理解してもらうことが目的です。

そもそもオープンデータとは?の説明をしているときは、学生も難しそうな顔をしながらも真剣に話を聞いてくれました。

IMG_5584

その後、オープンデータの活用事例の話になると、そんなこともできるんだぁ!と驚いてくれたり、笑顔も出てきました!

Hjj8b4j5R+GheupCS0_vog

この講義では、学生にオープンデータの意義や活用事例を紹介して、オープンデータをどう生かすことができるのかのイメージをつけてもらった上で、実際にOpen Data HIGASHI-MIKAWAのサイトにオープンデータとして公開してもらうところまで行うことができました!

豊橋商業高校の学生がアップしてくれたデータは以下に公開されていますので、ぜひご覧ください!

・豊橋市 交通量調査(豊橋商業高校)
https://opendatatoyohashi.jp/node/1503

授業時間をめいいっぱい使ってオープンデータを学んだ後、最後に全員で集合写真をとりました!

豊橋商業高校1_2

ここで学んだことを活かして、豊橋商業高校の皆さんもこれからの地域貢献のためのオープンデータ活用について考えていけたらと思います。

今回の講義を受けている学生を見て、オープンデータは色々な人の協力があってできていることをより実感しました。Code for MIKAWA も少しずつですが、地域のみんなでより良い街を作るムーブメントを作っていけたらと思います!

それでは!

オープンデータを活用したスマートスピーカースキル「ゴミ丸」のご紹介!

 今回はCode for MIKAWAに参加頂いている、株式会社Shaxwareの社本さんが、豊橋市が公開しているオープンデータを利用し、Echo (エコー) に話しかけるだけでごみの分別や収集日を確認できるスキル「ゴミ丸」を開発したのでご紹介します!

ゴミ丸-ロゴ_20180920

行政が持つオープンデータにより、「Amazon Echo」などのAlexa搭載デバイス対応のスキルを開発し地域課題の解決を図ることは全国でも先進的な取組みとなっています!

そもそもAmazon Echo とは?

 Amazon Echo とは、音声で操作できるスマートスピーカーのことです。 話しかけるだけで、天気、ニュース、時計、音楽、家電などを簡単に操作できます!
「ゴミ丸」はこのEcho (エコー) にスキルとしてインストールすることで使用可能になります。
またAlexaとは、Amazon.comの傘下企業であるウェブ関連企業「Alexa Internet, Inc.」の略、あるいは、Amazon.comが開発した音声アシスタントの名称です。
そして「スキル」とはスマートフォンでいうところの「アプリ」のことです!

『ゴミ丸』とは?

 「ゴミ丸」はスマートスピーカー対応のサービスです!
スマートスピーカーに話しかけるだけでごみ収集日やごみの分別を教えてくれます!朝の忙しい時でもスマートフォンやクリーンカレンダーを見なくても、スマートスピーカーに話しかけるだけで誰でも簡単に調べることができます。

そしてこちらがデモ動画となります。

この「ゴミ丸」は豊橋市が提供しているオープンデータを活用したもので,豊橋を先行事例として今後は全国展開されていくそうです!

「ゴミ丸」は以下のURLよりスキルを取得頂けます。

https://go.shaxware.com/?id=79283564

お家にスマートスピーカーがある方はぜひ試してみてください!

オープンデータについて

 「ゴミ丸」はオープンデータを利用した一例であり、オープンデータ東三河には様々な情報が載っています! (人口、ゴミ、イベント、etc…)
オープンデータを活用すれば、もっと暮らしを豊かにすることができます。

そして以下二つのURLが今回「ゴミ丸」に利用されたデータです!

・ごみ分別早見表に関するオープンデータ
https://opendatatoyohashi.jp/node/1508

・ごみ収集日に関するオープンデータ
https://opendatatoyohashi.jp/node/1505

ぜひ皆さんも一度、Open Data HIGASHI-MIKAWAのサイトでオープンデータをご覧になり、活用してみてください!

・Open Data HIGASHI-MIKAWA
https://opendatatoyohashi.jp/

それでは!

オープンデータを活用した「豊橋にいらっしゃい」アプリのご紹介!

今回はCode for MIKAWAのメンバーが作ったアプリを2つご紹介します!

いずれもOpen Data HIGASHI-MIKAWAに公開された、オープンデータ『「挨拶の流儀」 豊橋一番の「いらっしゃい」をあなたに 』を活用したものです。

オープンデータ『「挨拶の流儀」 豊橋一番の「いらっしゃい」をあなたに 』については、以下のURLよりご覧頂けます!

・「挨拶の流儀」 豊橋一番の「いらっしゃい」をあなたに
 https://opendatatoyohashi.jp/node/906

Walabotを活用した いらっしゃいアプリ!

広瀬さんが作った、Walabot(ワラボット)というデバイスを活用したいらっしゃいアプリをご紹介します。

まずはデモ動画をご覧ください!

Walabotは壁やコンクリートの裏側にあるものを検出するデバイスで、プラスチックや金属パイプ、スタッド、電線、小動物、シロアリの巣などを検出できるようです。

続きを読む →

6/2 CIVIC TECH FORUM 2018へ参加してきました

6/2に東京 六本木のGoogle Japanのオフィスを借りて開催されたCIVIC TECH FORUM 2018に参加してきました!

civic-tech-forum-2018_slide_1

CIVIC TECH FORUMは2015年から毎年開催されており、今年で4年目の開催だそうです。
シビックテックとはテクノロジーを活用した市民・社会課題の解決を目指す取り組みのことで、我々Code for MIKAWAも取り組んでいます!

今回のCIVIC TECH FORUM 2018は、各地域で活動している人たちを一挙に集め、それぞれが取り組んでいる課題・活動を短い時間が共有するという形式で行われました。 そうして、全国のシビックテックプレイヤーの方々が集まり、なんとスピーカーの数は50人!

以下のページより各講演も聞けるようですので、気になった方はぜひ聞いてみてください!
各地で活躍しているシビックテックプレイヤーの熱い話が詰まってます!

続きを読む →

5/14 TOYOはしごナイト2018への協力と取り組み紹介

5/14に開催された「TOYOはしごナイト」にて、Code for MIKAWAの活動として、TOYOはしごナイト実行委員会様からご了承を頂き、以下2つの技術協力をさせて頂きました。

  • TOYOはしごナイト参加店のオープンデータ化
  • TOYOはしごナイトのまちの賑わいを可視化するどこ熱マップの提供

TOYOはしごナイトとは?

豊橋駅前で毎年行われている、3,500円で5軒のお店にはしごできちゃう超オトクなイベント! 参加店ではTOYOはしごナイト限定のお店自慢の料理とドリンク1杯が飲食できちゃいます。

toyohashigo-night_image

続きを読む →

ブラトヨハシ(マッピングパーティ)の成果が社会実装へ!

Code for MIKAWAでこれまで活動してきた、Open Street Mapのマッピングパーティの成果が第9回穂の国マラソン公式アプリ「はしってみりん」で一般の方が利用する地図として社会実装されました!

hashittemirin_favicon_20180312

これまでにCode for MIKAWAでは以下のマッピングパーティを開催してきました。

50779_normal_1470806026_bura_toyohashi

マッピングパーティとは、みんなで街歩きをしてOpen Steet Map(以下、OSM)という誰もが自由に使える地図を編集し、地元地域の地図をもっと充実させていこうという活動・イベントのことです。

続きを読む →

3/3 「川王 第1回 豊橋国際ハッカソン TOYOHASHI INTERNATIONAL OPEN DATA DAY 2018」の開催報告

3/3(土)に牛川の渡しを舞台に「川王 第1回 豊橋国際ハッカソン TOYOHASHI INTERNATIONAL OPEN DATA DAY 2018」を開催しました。 3/3はオープンデータの日で、この日は誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントが世界中の都市で同日開催されており、豊橋からも本イベントを通してInternational Open Data Day(IODD2018)に参加しました!

そもそも「牛川の渡船」とは... 一級河川豊川(とよがわ)の両岸を結ぶ渡し船として、昭和7年から豊橋市営として運航されており、 この渡し船は平安時代からあったと考えられ、竿を用いて人力で船を動かす懐かしい雰囲気を楽しめることから環境に優しい交通手段として、また近年は豊橋のユニークな観光資源としても注目を浴びています。

本イベントは、平安時代から続く「牛川の渡し」に革新的なテクノロジーとアイディアのインストールを試み、利用者と運行事業者の利便性や効率性の向上を目指すとともに、その魅力を世界にシェアしまちの魅力アップデートに挑戦するというお題のもとで開催しました。

イベントの概要については、以下のチラシをご覧ください。

川王チラシ_20180303

続きを読む →

2/11 「おにどこ」の実証実験への協力

2/11(日)に「おにどこ」の実証実験が豊橋技術科学大学のユビキタスシステム研究室(大村研究室)、建築設計情報学研究室(水谷研究室)、株式会社 ウェブインパクトによって行われました。
Code for MIKAWAも実証実験の協力をさせて頂きました。

「おにどこ」の概要については、以下のチラシをご覧ください。

チラシ-おにどこ_20180131

続きを読む →

小3軍団を引き連れ、鬼まつりを超楽しめるウェブアプリ「おにどこ」をやってみた

豊橋で千年前から続く天下の奇祭鬼まつり。 こんなに長く続く田舎のお祭りはさぞや保守的で新しい風など一切吹かない、 様式美の祭りかと思っとったら、 大間違い!

あの日、4人の奇才少年少女を引き連れ、鬼まつりを満喫して来ました。 日がくれた頃、いよいよスマホを持ってみんなでまちに繰り出した。

IMG_7875

札木通りあたりで「おにどこ」を見ると、ちょうどまっすぐ行った右側あたりに、鬼も天狗もいるではないか。 「おい、急げ急げ、あすこにおるぞ。はしれはしれ!」

あれ、思いの外早く鬼の一団に遭遇。 「おにどこ」の位置と明らかに違うし。。。 なるほど、テスト運用ならではのアクシデントか。 アクセスが集中しすぎたんだな。。。 さすが、「おにどこ」。皆んなの注目の的だ。

続きを読む →

1/20 「ブイアールサンダー in 豊橋2018」の開催報告

1/20(土)に豊橋の二川にある商家「駒屋」にて「ブイアールサンダー in 豊橋2018」を開催しました。

ブイアールサンダー2018-駒屋

このイベントはVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)等の先進的な技術に触れて頂くということはもとより、他の地域にはない3Dモデルや全天球画像といった豊橋市のオープンデータの活用・体験の場として、エンジニアだけでなく、一般市民も巻き込むということを目的に開催しました。
今回のイベントでは展示作品の「オープンデータ手筒花火」と「トヨッキーの仮装大賞」が実際にオープンデータを活用した作品となります。

今回、開催場所に平成15年5月より豊橋市指定有形文化財となった建造物である商家「駒屋」を選んだのは歴史・文化と最新技術がコラボレーションすると何か面白いことができるんじゃないかという発想からきてます。
エンジニアと一般市民もそうですが、普段交わらない人たちが交わることで新しい化学反応が生まれ、新しいイノベーションが生まれるきっかけにもなりえます。

イベントの概要については、以下のチラシをご覧ください。

ブイアールサンダー2018-チラシ画像

続きを読む →