カワテク東三河開催報告:カワ好き、Wiki好き、ロボ好き、ネタ好きが集まるテクノロジーイベント

kawateku

「豊川用水通水51周年記念 川×テクノロジの祭典」のキャッチフレーズでお馴染みのカワテク東三河が2019年3月3,4日の日程で開催されましたのでレポートします。

カワテク東三河チラシ

概要

その舞台となる 豊川用水に関する歴史や文化を独立行政法人水資源機構のご担当者様にご講演を頂き、東海地方の著名なウィキペディアンとともに地域の情報を編集し、オープンデータ増進を目指します。そして、今回エントリー頂いた耐水ロボット開発者らによる愛機ご紹介と放流の意気込みを宣言頂きます。翌日にはエントリーマシンを豊川用水に放流しました。


東三河、渥美半島は大きな川がなく、干害にたびたび見舞われて作物を育てるのが大変な場所でした。そんな東三河に近藤寿市郎翁がダムで水をためて用水路を整備する計画を考案し、動き始めました。その後、1968年に豊川用水が完成しました。 51年前に挙行された豊川用水の通水式では、 大野頭首工から樽を流し通水の喜びを流域の住民と分かち合った そうです。また、その様子はNHKで全国放送されました。

豊川用水-通水式 昭和43年5月に挙行した通水式の様子 当時の農林水産大臣を迎え大野頭首工にて樽を投下-出典「水の流れとともに25年 豊川用水」より

今回のイベントでは、通水を祝う樽流しのセレモニーを現代風にアップデート! 当時の樽に見立てた通信機能を有する小型コンピュータを搭載した IoT樽を開発し、そこから取得される位置、映像などの情報をリアルタイムにインターネットで全世界に配信します。 テクノロジーを活用した情報発信を通して、豊橋市を始めとした豊川用水の流域の住民に対して、普段存在を意識することのない水路の流れを追体験頂くサービスを提供し、この地に豊かな水をもたらした豊川用水の存在を再認識頂く機会の創出を行います。

イベント概要
https://uzura.doorkeeper.jp/events/87598


1日目:プレイベント@ロッポンギピルズ

プレイベントでは豊川用水の歴史、東三河の歴史について勉強し、Wikipediaの豊川用水に関係する記事を編集しました。 その後、IoT樽やラズパイ団のマシン紹介を行い放流イベントについての案内を行いました。

会場

豊橋の六本木ヒルズことロッポンギピルズ跡@豊橋市松葉町で行いました。 おしゃれな雰囲気のお店で貴重な豊川用水の書物を広げながらWikipediaを編集していました。

ピルズだよ~ 準備風景 編集中

豊川用水の勉強

水資源機構の山本管理課長より豊川用水の歴史・いま・これからをお話いただき、その後はカワ好きになった参加者からの質問がありました。

豊川用水の勉強会

Wikipediaの編集について

木村さんより、Wikipedianという人たちやWikipediaの編集ルール、編集のコツを教えていただきました。 Wikipediaについて

Wikipediaエディタソン

2時間の編集タイムです。豊橋市図書館の司書さんチョイスの豊川用水の本と先ほどのお話から編集する内容を決めて、文章を練り上げていきます。 Wikipedianの方々の準備 編集中 Wikipedia編集中4

Wikipedia成果発表

Wikipediaのどこにどんな内容を加筆したかを順番に説明しました。

Wikipedia報告会1 開会式

今回の成果は次のとおりです。

(木村さん談)大原調整池の記事にはアップデート当初にはなかった国土地理院の航空写真がついていて、それだけでも記事がとても「それっぽくなった」のがおわかりいただけると思います。この航空写真を[[大原調整池]]の記事につけたのは、当日の参加者とは全く関係ないと思われる、一般のウィキペディアンです。ウィキペディアの記事は、こんな感じで多くは少しずつ、たまにドラスティックに積みあがっていきます。

愛機紹介

IoT樽

IoT樽の紹介と樽の見どころの説明が製作者の村井からありました.(樽の詳細は別ページに記載します) IoT樽の紹介 IoT樽紹介スライド

ラズパイ団

見ル野様と森岡様(ガチロケット博士)のエントリーマシンの紹介です。 球型とホバークラフト型と特徴のある形です。ホバークラフトは唯一の動力源なので、本番では救助隊として活躍が期待されます! ラズパイ団による愛機紹介 ラズパイ団の愛機紹介

記念撮影

ピルズ前でパシャリ 集合写真2 記念写真1


2日目

まちに待った放流です。 朝は雨がしとしと降っていましたが、昼過ぎには太陽が出てきました。お天道様もカワテクに協力してくれたようです。

放流は34°51’15.2″N 137°31’28.2″Eの地点から行います。

このイベントはYoutubeLiveで3カメラ同時配信を行います。地上カメラ、IoT樽正面カメラ、IoT樽水中カメラからの配信です。 ラズパイ団のカメラ映像は定期的にTwitterに投稿されます。 また、ドローンによる空撮も行いました。

当日のYouTubeでのライブ配信映像は以下よりご覧頂けます!

  • カワテク東三河 ライブ配信 地上カメラ

  • カワテク東三河 ライブ配信 IoT樽正面カメラ

  • カワテク東三河 ライブ配信 IoT樽水中カメラ

また、柘植様よりご提供頂いたドローン空撮の映像は以下よりご覧頂けます!
(柘植様、ご提供ありがとうございます!)

  • 3/4 ドローン空撮 カワテク東三河@豊川用水 Vol.1(柘植様撮影)

  • 3/4 ドローン空撮 カワテク東三河@豊川用水 Vol.2(柘植様撮影)


さて、当日の様子をご紹介します!

現場は駐車スペースが少ないので、一度集合してから向かいます。 まずは集合 ラズパイ団も準備はOKです! 豊川用水準備OK

準備

準備風景です。 準備風景(空撮)

地上からだとこんな感じで準備が進められていきます。IoT樽はバッテリを入れて、パソコンから配信コマンドを実行するだけでよかったのでセッティングは5分もかからずにおわりました。(これが後に悲劇を生む) マシンのセッティング中

セッティング後のマシンです。これからカワに投入されます。 マシン マシンの撮影会です。 撮影会

テープカット

51年前をオマージュして、テープカットも行われました。 テープカット1

テープカット2

放流にむけて

放流前の記念撮影です。これがマシンとの最後の写真になるかもしれないので、念入りに撮影します。 走行前の準備

ちゃんと進むか不安な村井さん ちゃんと進むか不安な村井さん

放流

いよいよ放流です。51年前の通水式と同じように樽を投げて投入します。 樽の投入 投入しました(Live)

球も同じように投げ入れました。水しぶきがいい感じにできています。 森岡さんの投入1(空撮) 森岡さんの投入2(空撮) 森岡さんの投入3(空撮) ホバークラフトは投入が大変でした。水まで手が届かなかったので棒を使って慎重に入れていきます。 みるのごう投入(空撮)

第一の関門

落水者を助けるため?のロープが数100mおきにはられています。 IoT樽の映像にも関門が見えてきました。 関門が見える(IoT樽)

そのロープに引っかがったのでロープを持ち上げて乗り越えます。 最大の課題 関門2 関門3 関門に引っかがった(空撮)

どんぶらこ

空から見た豊川用水です

豊川用水2(空撮)

豊川用水(空撮)

流れていきます(空撮)

流れていきます(空撮)

GPS3

GPS5

GPS4

進んでいきます(空撮) 余談ですが、橋桁もきれいに撮影できています。これほど画質が良いのなら橋脚の劣化診断にもドローンは活用できそうですね。

橋桁ってきれいに撮影できますね(空撮)

風下に向かって風邪が吹いているので、ホバークラフト、球は順調に進んでいきます。このとき、樽は橋の手前にいます。 橋桁(空撮)

空撮からの様子です。

ラズパイ団も順調です(空撮)

ドローンの風で進んでます(空撮) 川下からドローンの風が吹いているので樽の動きがストップしています ドローンに止められた樽(空撮)

樽の底の方もきれいに写っています。豊川用水はかなりきれいなようです。 ドローンで捉えた樽(空撮)

IoT樽からの風景です。 風景(IoT樽)

橋を通過(IoT樽)

水中カメラからのLIVE映像です。はしごのようなものが見つかりました。 水中(水中Live)

球はホバークラフトの助けをところどころ受けて進んで行きます。 ホバークラフトに助けられます

第二の問題

IoT樽の4Kカメラの電源を入れ忘れたことに気が付きました。 Youtube Liveを見られた方は後ろで叫んでいる様子が確認できるかなと思います。

4Kカメラはアクションカメラを搭載しているため、GPSやLIVEとは別系統となっているので、パソコンから遠隔操作もできない状況です。

橋が見えてきたので橋の上から引き上げようとしましたが、流れが急に早くなり助ける前にながれて行きました。

樽の気持ち:「まだまだつかまんねーよ~」 橋がみえる(IoT樽)

河原にも人が(IoT樽)

樽は水資源機構の方によって引き上げられました。 電源を入れて再投入です。

4Kカメラからの映像です。生物は確認できていません。餌を付けたら良かったかも。

水中4K映像2

水中4K映像3

水中4K映像

反省:準備のときにマシンの起動順序をメモしておくと電源の入れ忘れやプログラムの実行忘れがなくて良さそうです。

ひきあげ

ホバークラフトの引き上げです

タモで引き上げられないので、はしごで待機している見ル野さんのもとまで自走で向かいます。

球の引き上げ

タモでサクッと引き上げます

IoT樽の引き上げ

進まなくなり、タイムアップです。川の流れがあまりなく、川の橋で止まりました。

引き上げはタモを使って引き上げられました。樽カメラからだとこんなかんじです。 つかまっちった(IoT樽)

集合写真

終了後の撮影

2019/2/11「おにどこ」実証実験に協力させて頂きました

昨年に引き続き、2019/2/11(日)に「おにどこ」の実証実験がおにどこ実行委員会によって行われました。 Code for MIKAWAも実証実験の協力をさせて頂きました。

「おにどこ」の概要については、以下のチラシやホームページをご覧ください。

出力見本_表 出力見本_裏 ・おにどこ
https://o2doko.com/

なんと!この「おにどこ」、テレビに取り上げて頂きました!

地元ローカルテレビのティーズさん、そして名古屋テレビさんではレポーターの方に実際にご使用頂き、使い方もご紹介頂きました!

おにどこ2019-名古屋テレビ1

おにどこ2019-名古屋テレビ2

また、「おにどこ」の紹介やイベント当日の様子については、素晴らしい記事を書いてくださっているので、以下の記事をぜひご覧ください!

・平成最後の豊橋鬼祭 〜2019〜
https://tasuki-inc.com/onimatsuri2019/

「豊橋鬼祭」は東三河に春の訪れを告げる安久美神戸神明社の祭礼として、約1000年前から続く愛知県豊橋市の伝統的な神事です。
「おにどこ」は、その「豊橋鬼祭」をより楽しむためのアプリです。昨年初めて導入され、今年は昨年得た知見や反省を活かし様々なアップグレードが行われました。
昨年の「おにどこ」については、以下の記事をぜひご覧ください。

・2/11 「おにどこ」の実証実験への協力
https://uzura.org/archives/1401

今年は新機能として赤鬼や天狗の移動を自動で追跡する「ターゲットモード」や、「豊橋鬼祭」に関するツイートがどこで行われているかヒートマップで見ることができる「おに熱」が追加され、祭りが盛り上がっている所が分かりやすくなりました。
さらに、昨年はWebアプリとしてのみの実装でしたが、今年はスマホアプリとしても実装されました。一度アプリをダウンロードすれば、QRコードが手元に無くてもスマホから簡単に利用できるようになりました。

Screenshot_20190211-150405 IMG_7206

今年の「おにどこ」の開発、運用に際して必要なコストを賄うためクラウドファンディングを行い、皆様から資金的なご支援を頂きました。34名の方々にご支援頂き、無事に目標金額を達成することができました。ご支援者の皆様のお名前を先ほどご紹介したホームページに記載しております。

・豊橋鬼まつり「おにどこ」への実施にご支援をお願いします! – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
https://readyfor.jp/projects/o2doko2019

「おにどこ」の開発、運用には、おにどこ実行委員会と関わりのある豊橋技術科学大学の学生も何人か参加してくれました。

以下は鬼祭当日の「おにどこ」運用チームの様子、および鬼祭の風景です。

DSC01333 IMG_6928

スマホアプリは1,854もダウンロードして頂き、当日のページビューは5,624もありました。
またアンケートには374名もの人にご回答を頂き、9割以上の方に「おにどこ」は便利だったとのお声を頂くことができました。

アンケートの利便性のグラフ

また、Twitterでも「おにどこ」の利用者の方々から以下のお声を頂いております。

伝統的な祭りに最新のテクノロジーを組み合わせるこの試みも、おかげさまで2回目を迎えることができました。
今回の実証実験で、祭りの観客や運営の利便性の向上や、祭りをもっと楽しめるようにすることについて、更なる知見を得ることができました。
今回得られた新たな知見を基に「おにどこ」を継続的なものにして改良し、より皆様に楽しんでいただけるようなものにしたいです。

今後もCode for MIKAWAでは、「おにどこ」を含めて豊橋の活性化につながる様々な活動を行っていきたいと考えています。
それではまた次のイベントでお会いしましょう!

ABCD浜松(Damonde Hamamatsu):オープンデータVR手筒花火を展示させて頂きました!

2/9(土)に浜松市中区にある 鴨江アートセンターにて「ABCD浜松(Damonde Hamamatsu)」が開催されました。

ABCD浜松-会場_20190209

ABCD浜松とは…

Androidの祭典であるAndroid Bazaar and Conference(通称:ABC)の地方開催バージョンです。 ABCDは、2017年 金沢、2018年 香川に続き3回目の開催になります。

「ABCD浜松について」より
https://sites.google.com/android-group.jp/abcd2019h/about

このイベントではAndroidを中心としたカンファレンスとバザール展示が行われ、我々(Code for MIKAWA)はそのバザール展示の一つとしてオープンデータVR手筒花火を展示させて頂きました。

この展示をさせて頂くきっかけは、日本Androidの会 浜松支部の市川さんよりお誘い頂いたことです。 実は市川さんには、昨年Code for MIKAWAが開催した「ブイアールサンダー」というイベントで「土下座アプリ」を展示頂いておりました。 そのときにご体験頂いた「オープンデータVR手筒花火」をきっかけに、今回の「ABCD浜松」に呼んで頂くことができました。

そのつながりのきっかけとなった「ブイアールサンダー」のイベントレポートについては、ぜひ以下の記事をご覧ください。

ABCDの展示では、そのほかに、浜松といえば楽器の街!ということで電子楽器の展示も多くされていました。

以下はR-MONO Labさんの作品展示の様子です。

ABCD浜松-R-MONO-Lab-1_20190209

ABCD浜松-R-MONO-Lab-2_20190209

R-MONO Labさんは様々なユニークな電子楽器を作っていて面白いので、ぜひ以下のページもご覧ください!

また、展示が終わった後にはカンファレンスの方も聴講させて頂きました。 展示後だったため、あまり長い時間聞くことはできませんでしたが、最新のPWA(Progressive Web Apps)に関する話を聞くことができ、とても勉強になりました。

なお、今回、ウェブインパクトに実務訓練として来てくれたブディ君とトア君がこのABCD浜松でのオープンデータVR手筒花火の展示に協力してくれました。
ブディ君とトア君は海外からの留学生で、人と直接ふれあえる今回のイベントをとても楽しかったと言ってくれました。

以下、ブディ君からのレポートです。ぜひご覧ください。

このバザール展示はVR(仮想現実)の先進的な技術に触れて頂くということはもとより、豊橋市内の豊橋稲荷から豊橋市役所に至るまでの3Dモデルや全天球画像といった豊橋市のオープンデータの活用・体験の場として、東三河の有名な手筒花火を一般市民に花火の打ち上げを体験させるということを目的に展示させて頂きました。

まずはVR手筒花火を説明させて頂きます。以下の写真は当イベントで撮影したバザール展示場の風景およびそのセットアップ環境です。用いられたパソコンのアプリはオープンデータであり、Code for Mikawaの活用事例の1つとして無償でダウンロードできます。VR用ゴーグル、3D空間認識セット、および使用済みの手筒花火の上に設置したレセプターが準備できれば、さっそくアプリをパソコンに起動してお客さんに体験させてもらいました。VR用ゴーグルを着用しない方のために、体験するお客さんが何を見ているのをプロジェクターに映像しました。 damonde1 東三河の伝統的なイベント員会から頂いた使用済の手筒花火の本物です。お客さんに本物の花火打ち上げをリアルに体感させるために、手筒花火の重さも形態も一切変えなかったのです。 damonde2 VR用のゴーグルに観察したメーンの画面です。まず、花火の点火する場所を7か所から選び、普段で花火を点火できない豊橋市役所前もあります。場所を選んで空間移動になります。 damonde3 VRの技術を用いて自分が花火を点火するかのように感じています。以下の写真は豊橋駅東口で花火を打ち上げました。駅で花火を打ち上げするなんて面白い経験でした。 damonde4 こちらのお客さんは親子のみんなが手筒花火の打ち上げを体験して頂きました。花火の点火の他に豊橋稲荷や吉田神社の360度で見られるパノラマ写真も楽しんでいました。みんなはワイワイして盛り上がりました。 damonde5 裏モードとして手筒花火のモデルがちくわモデルにも変えることができます。ちくわから花火が出るという面白いことをお客さんに笑わせながら、ちくわが豊橋の名物の1つであることも宣伝になるでしょう。 damonde6

最後にみんなで集合写真をとりました!

ABCD浜松-集合写真_20190209

似科展 シビックテックはアートだ! ギャラリー共創ワークショップ

2019年1月20日(日)に「似科展 シビックテックはアートだ!ギャラリー創作ワークショップ」を、Code for AICHI、Code for GIFU、Code for MIKAWAの共催で開催いたしました。 にかてn

このイベントは平成30年度豊橋オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成をうけて、実施しました。

シビックテックとは?となる人も多いのではないでしょうか。
シビック(civic:市民) + テック(tech:テクノロジー) を組み合わせた言葉で、市民自らがテクノロジーを活用し、社会課題を解決するコミュニティ活動のことを意味します。

新しい公民連携の姿を市民に広く、わかりやすく、お伝えする普及啓蒙活動も、シビックテック団体の重要な役割のひとつなんです! 今回は、シビックテック活動を展示するギャラリーを参加者と共に創作することにより、市民に広くシビックテック活動を作品として鑑賞頂く機会の創出し、シビックテックの認知向上を目指します。また、オープンイノベーションを背景とした社会的活動意義への理解を深めてもらう、“きっかけづくりの場”をつくることを目的としています。

続きを読む →

ブラトヨハシシリーズ 地図ものフレンズ マッパーたちが動物園で繰り広げる大写経会!

2019年1月12日(土)にブラトヨハシシリーズ「マッパーたちが動物園で繰り広げる大写経会!地図ものフレンズ」と題したマッピングパーティーを開催いたしました。

出力見本_表

このイベントは平成30年度豊橋市オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成を受けて実施しています。

マッピングパーティとは、オープンストリートマップ上に地図情報を集めるイベントです。 オープンストリートマップとは、フリーの地理データを作成するイベントで、誰もが自由に利用・編集・参加できることが最大の特徴。 多くの人が参加すればするほど、既存のマップにはない密度の濃い世界地図を作ることができます!

今回の目的は、オープンストリートマップを知らない人にも触れてもらえる機会を設け、興味を持ってもらうことを主としています!

場所は豊橋市の二川駅から徒歩6分のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)。 のんほいパークに参加者が集まり、全国のマッパーを中心に、園内の地図作りを行います。

続きを読む →

2018年度豊橋3大学学生まちづくりハッカソンに協力してきました!

9/29(土)、10/28(日)に豊橋3大学まちづくりハッカソンが開催されました。
我々、Code for MIKAWAのメンバーもこのイベントに協力させて頂きましたので、ご紹介します。

イベントに関しては、以下のページをご覧ください。

9/29(土)はアイディアソン、10/28(日)に最終成果発表という形で行われました。 イベントの様子を簡単にご紹介します!

続きを読む →

シブすぎ男泣き漫画家の見ル野栄司さんを囲んでみた

この前、急遽、半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の企業に10年勤務し、漫画家になった見ル野栄司さんが豊橋に遊びに来てくれました。

早速、オープンデータ伝道師になっていただきました!
]1 早速、オープンデータ伝道師になっていただきました!

見ル野さんは、ものづくり企業の若者が腕を競い合う技能五輪を描いた青春ドラマ漫画や、ものづくりの現場を丹念に取材し、そこで活躍する人々の魅力を紹介するルポ漫画、伝説のシブすぎエンジニアのフィクションとノンフィクションの狭間の漫画、奇天烈少年野球漫画、宇宙ステーションものづくり中小企業SF漫画、特異キャラのインコさんが活躍する変態漫画などなど。さらに、自身でも時速330キロピッチングの野球盤などありえない製品を形にしています。 このように、ご自身のキャリアと変態キャラを存分に発揮した仕事を上梓されており、私たちは彼の大ファンなのです。 (見ル野さんのホームページ

続きを読む →

かわしんビジネス交流会でオープンデータを活用したアプリが展示されました

10月12日、13日にかわしんビジネス交流会が開催されました。

このイベントは、豊川信用金庫が主催しており、各企業が自社により興味を持っていただくために、自社の技術や商品をPRするためのイベントです。
今回、このイベントでは、中部IT共同組合のブースの中でオープンデータを活用した2つのアプリが展示されました。

  • VR手筒花火
  • トヨッキーになってみりん

この2つのアプリの内容と展示の様子をご紹介いたします。

VR手筒花火

VR手筒花火は、全天球カメラでとった全天球画像を利用し、豊橋・豊川の名所で手筒花火を疑似的に体験することのできるようにしたものです。

東三河オープンデータにて公開されている豊橋・豊川の名所の全天球画像を利用し、VR空間で出力することによって仮想現実上での体験を可能にしています。

実際に使われた本物の手筒へセンサーを取り付けることにより、VR空間内の手筒花火と動きをリンクさせて、とてもリアリティが高くご体験頂けます。

kawashin2018_VR手筒花火3

実際にご体験頂いた方からは地元の名所で手筒花火を上げるという普段は絶対にできないことが、リアリティのあるものとして、VR空間上で体験できるのは面白いといった声も頂き、楽しんで頂くことができました。

続きを読む →

AIを使ったきゅうりの自動選別 – 業務で使える!AI活用セミナー

2018年10月10日(水)に「AIを使ったきゅうりの自動選別 – 業務で使える!AI活用セミナー」と題したイベントをCode for MIKAWAと中部IT協同組合で共催という形で開催いたしました。

きゅうりのAIチラシ_20181010

このイベントは注目度の高いAI(人工知能)に関する注目度の高いイベントということもあり、なんと115人もの多くの方にご参加頂き、大変好評でした。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

続きを読む →

「おにどこ」実験データを活用した豊橋技術科学大学での研究のご紹介

今回はCode for MIKAWAも協力を行った「おにどこ」実証実験で得られたデータを活用して、豊橋技術科学大学のユビキタスシステム研究室(大村研究室)で行われた研究についてご紹介します。

IMG_4529_mod

豊橋鬼祭は毎年2月に行われる安久美神戸神明社の祭礼です。祭りのクライマックスでは赤鬼と天狗が神社の境内を出て町を練り歩きます。このとき鬼は厄除けになるというタンキリ飴と白い粉(小麦粉)をまきます。

IMG_7859

この鬼と天狗がどこにいるかをGPSで追跡し、観客が鬼や天狗に会いに行く手助けをするのが「おにどこ」です。豊橋技術科学大学のユビキタスシステム研究室(大村研究室)、建築設計情報学研究室(水谷研究室)、株式会社 ウェブインパクトによって開発、運用実験が行われました。
Code for MIKAWAも実証実験の協力をさせていただきました。

おにどこの概要については、以下のチラシをご覧ください。
おにどこ概要

続きを読む →