おどってみりん (第63回 ええじゃないか豊橋まつり) 実証実験に協力!

10/21(土) 18:30~20:00に「おどってみりん」の実証実験が行われ、Code for MIKAWAのメンバーも協力させて頂きました。

「おどってみりん」は豊橋技術科学大学 ユビキタスシステム研究室(大村研究室)と(株)WEBIMPACTが協力のもと開発されたサービスで、豊橋総おどりで踊っている気になる団体のリアルタイムの位置、それから会場周辺の通行規制の場所やトイレなどの場所が自分のスマホから確認できるWEBサービスです。
また、豊橋技術科学大学に在学している山下君が卒業研究で必要となるデータを録るのに行われた超重要プロジェクトでもあります。

↓詳しくはこちらから
https://odottemirin.jp/ おどってみりん-チラシ

総おどり当日は豊橋技術科学大学の大村先生および山下君をはじめとする大村研究室のみなさん、WEBIMPACTのスタッフ、Code for MIKAWAのメンバーがサービスに反映させるデータの測定員として実際に現場へ出向いて測定を行ったり、おどってみりんの運営・サポートを行いました。

IMG_3891

しかし、この「総おどり」当日はあいにく台風21号の接近に影響により大雨や暴風で総おどり自体が中止になりそうでした。

とても不安でしたが、何とか予定通り開催され、天候により一部の団体さんの参加が中止になるなどのアクシデントはありましたが、無事にデータをとることができました。

雨の中にもかかわらず端末を携帯して「おどってみりん」に協力して下さった団体様には本当に感謝です!

団体

もちろん、観覧者の方も興味をもってサービスを利用して下さった方にも感謝です!

協力して下さった団体様の中には測定終了時に「次も楽しみにしているよ」や「データは録れたかい?」など興味を持って下さったので、この「おどってみりん」は、これからさらに改善を重ねていけば十分需要はあるだろうし、豊橋祭りに参加するみなさんに便利に使ってもらえるサービスだと考えています。

また、印象的だったのは総踊りの参加者が自分の踊る場所が分からず、踊りのスタート地点を聞いてくる人がかなりいたこと。 そして、スタッフとして測定作業をしている間に「○○の団体ってどこにいますか」とか、「トイレってどこですか」とか、度々声をかけて頂いたこと。
向こうから声をかけるほどに困っていたことを考えると、もっと告知さえできていれば、もっと多くの困ったを解決できたのにと思いました。
そここそ、おどってみりんの出番!!

おどってみりん-スクリーンショット

そして山下君はこれから、おどってみりんで集めたデータをもとに卒業研究を進めていくことになりますが、今回の実験によって卒業研究に必要なデータがとれたというだけでなく、みんなで一つのプロジェクトをやり遂げたぞ! という、いい思い出ができ、彼の中でも大きな財産(経験)にもなったと思います。
この成長著しい山下君から、おどってみりんのフィードバックとしてどんなものが出てくるか、とても楽しみですし、期待してます!

おどってみりん-山下君

今回のおどってみりん実証実験は、山下君をはじめ、大村先生、大村先生の研究室の学生の皆さん、ウェブインパクトのスタッフ、Code for MIKAWAのメンバー、おどってみりんにご協力頂いた団体の方々、などなど、色んな方の協力・努力があって、悪天候の中でも無事成功を収めることができました!
この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました!!

実証実験が終わった後、みんなで最後に集合写真をとりました。

おどってみりん-集合写真

みなさん、お疲れ様でした!

ええじゃないか!おどってみりん!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です