2017年度豊橋3大学まちづくりハッカソン 最終成果発表会

10/1(日)に2017年度豊橋3大学まちづくりハッカソンの最終成果発表会があり、Code for MIKAWAもそのサポートをさせて頂きました。

今年の豊橋3大学まちづくりハッカソンは、まず 8/10~8/11の2日間で愛知大学に泊まり込みでアイディアソンを行いました。

8/10~8/11の2日間の様子は下記の記事をご覧ください。
https://uzura.org/archives/1156

今回の最終成果発表会は、そのアイディアソンで出たアイディアを10/1までにチームで協力して開発を行い、アプリなどの形にして成果発表をするというものでした。

Code for MIKAWAのメンバーも何人か、メンターとして学生のサポートをさせて頂いたということもあり、アイディアがどんな形で成果となるかとても楽しみにしておりました。

各チームの成果発表について以下に簡単にまとめます。

成果発表

チーム「いぬとしか」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_1

親子で楽しめる豊橋の施設を紹介する「とよはしまるさらマップ」を開発。
機能としては、以下のものをあげてくれました。

  • イベント管理カレンダー
  • イベント情報のプッシュ通知
  • 電子スタンプラリー(地域通貨)
  • 口コミ・レコメンド機能

デモでは、タブレットでスタンプラリーのバーコードを読み取ってポイントが貯まるところを見せてくれました。
なんとこのサービスを利用すると地域通貨が貯まり、利用可能とする構想があるとのこと。
ただ、地域通貨の利用ということで 不正利用の対策が今後の課題となりそうです。

チーム「動物の館」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_2

豊橋で自転車を走るのにぴったりな道を共有できる「豊橋チャリマップ」を開発。
豊橋では自転車で通るには整備されていない道路が多く危険であることを問題提起し、Google Mapなどではチャリで安全に通る道を見つけるのは難しいため、実体験に基づくデータを教え合うサービスを作ったとのこと。現在はAndroidアプリとして開発しており、地図から経路やコメントを投稿することができる。

今後は、クラウドでの共有やクロスプラットフォーム展開、ナビ機能を考えており、課題としてはGPSの精度に問題があるようです。
会場からはスマホのGPSや加速度、ジャイロなどを使い、データを蓄積するような仕組みにすると面白いのではないか。との意見が出ました。

チーム「ASKKEY」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_3

神社・寺はどの地域にもある施設だが、イベント以外で参拝に訪れる人が少ないのが現状。
そこで、人は参拝した形跡を残したいことを考えて、本坪鈴をガラガラするとweb上の桜の花が少しづつ開花していき、信仰に応じて満開に近づいていくサービス「クラウドガラガラ」を開発。
本坪鈴のガラガラはMESHの振動センサーを使って取得し、そのデータを花びらで可視化しており、曜日や時間帯により花びらの色や形が変化するようにしているとのこと。

以下、実際にガラガラしている様子です。

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_4

今回のチームの中で、実際にものを作ってさらにデモの際にお客様を巻き込んだのは「ASKKEY」のみで、それだけでなくシステムの発想や内容がとても面白いと思いました。
今後の課題は、まだ未検討のマネタイズとのことです。

チーム「トヨカレ」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_5

誰もが必要な時に必要な数だけ必要なコンテンツを表示できる豊橋のまちなか電子掲示板「こりん」を開発。掲示板にはSNSで誰でも手軽に投稿できるようにしており、駅前の数か所に小型ディスプレイを設置する構想。
会場から質問があがった不適切な投稿への対処については、はNGワードによるフィルタリングを考えているとのことです。

ディスプレイ上で表示を分割して様々なコンテンツを表示するといった工夫をされておりましたが、みてみりんとの差別化、小型ディスプレイの設置コストが課題のように思いました。

チーム「わんぱくなごやか」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_6

わんぱく通りを盛り上げるため、わんぱく通りのお店の空席状況を共有するサービス「わんぱく2189」を開発。
空席情報はお店の人がリアルタイムで更新する想定で、LINEのチャットボットでおすすめのお店を提案する機能も用意しているとのこと。

チャットボットはMicrosoftのCognitive Servicesを活用しており、ある程度精度の高い応答ができるようにしている点がうまく外部連携を取り入れているなと思いました。 お客様への対応で忙しい店員がリアルタイムで更新しなければいけないという点は改善した方が良さそうです。

チーム「Links」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_7

豊橋の魅力を見つけ出しコレクションできる「とよはし図鑑」を開発。
ふらっと散歩をしながら、スポットに近づいた際にマップをタップするとそのスポットをゲットできる仕組みとしており、コレクション数に応じてトロフィーがもらえたりと、楽しみながら豊橋の魅力を探せるようにしているとのこと。

他のチームと違い、オープンデータをうまく活用している点、それからおすすめスポットを登録し、オープンデータ化できるスキームを考えている点がとても素晴らしいと思いました。今後の課題として競合サービスとの差別化を検討する必要がありそうです。

以上、全部で6チームの成果発表が終わった後、緊張の審査結果の発表です!

結果は.....

Shaxware賞

チーム「ASKKEY」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_8

マップクエスト賞

チーム「Links」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_9

ウェブインパクト賞

チーム「Links」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_10

商工会議所賞

チーム「いぬとしか」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_11

最優秀賞(市長賞)

チーム「ASKKEY」

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_12

審査発表の後、集合写真をとりました。

豊橋3大学まちづくりハッカソン_20171001_13

今回、残念ながら表彰を受けられなかったチームもしっかりとアイディアを形にしており、どのチームも素晴らしい成果を出せたと思います。

この成果発表で終わりでなく、ぜひ発表の際に出た課題をクリアし、成果をより洗練したものにして頂いた上で、Mashup Awardsや東三河ビジネスプランコンテストなどに応募・挑戦して頂きたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です