ABCD浜松(Damonde Hamamatsu):オープンデータVR手筒花火を展示させて頂きました!

2/9(土)に浜松市中区にある 鴨江アートセンターにて「ABCD浜松(Damonde Hamamatsu)」が開催されました。

ABCD浜松-会場_20190209

ABCD浜松とは…

Androidの祭典であるAndroid Bazaar and Conference(通称:ABC)の地方開催バージョンです。 ABCDは、2017年 金沢、2018年 香川に続き3回目の開催になります。

「ABCD浜松について」より
https://sites.google.com/android-group.jp/abcd2019h/about

このイベントではAndroidを中心としたカンファレンスとバザール展示が行われ、我々(Code for MIKAWA)はそのバザール展示の一つとしてオープンデータVR手筒花火を展示させて頂きました。

続きを読む →

似科展 シビックテックはアートだ! ギャラリー共創ワークショップ

2019年1月20日(日)に「似科展 シビックテックはアートだ!ギャラリー創作ワークショップ」を、Code for AICHI、Code for GIFU、Code for MIKAWAの共催で開催いたしました。 にかてn

このイベントは平成30年度豊橋オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成をうけて、実施しました。

シビックテックとは?となる人も多いのではないでしょうか。
シビック(civic:市民) + テック(tech:テクノロジー) を組み合わせた言葉で、市民自らがテクノロジーを活用し、社会課題を解決するコミュニティ活動のことを意味します。

新しい公民連携の姿を市民に広く、わかりやすく、お伝えする普及啓蒙活動も、シビックテック団体の重要な役割のひとつなんです! 今回は、シビックテック活動を展示するギャラリーを参加者と共に創作することにより、市民に広くシビックテック活動を作品として鑑賞頂く機会の創出し、シビックテックの認知向上を目指します。また、オープンイノベーションを背景とした社会的活動意義への理解を深めてもらう、“きっかけづくりの場”をつくることを目的としています。

続きを読む →

ブラトヨハシシリーズ 地図ものフレンズ マッパーたちが動物園で繰り広げる大写経会!

2019年1月12日(土)にブラトヨハシシリーズ「マッパーたちが動物園で繰り広げる大写経会!地図ものフレンズ」と題したマッピングパーティーを開催いたしました。

出力見本_表

このイベントは平成30年度豊橋市オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成を受けて実施しています。

マッピングパーティとは、オープンストリートマップ上に地図情報を集めるイベントです。 オープンストリートマップとは、フリーの地理データを作成するイベントで、誰もが自由に利用・編集・参加できることが最大の特徴。 多くの人が参加すればするほど、既存のマップにはない密度の濃い世界地図を作ることができます!

今回の目的は、オープンストリートマップを知らない人にも触れてもらえる機会を設け、興味を持ってもらうことを主としています!

場所は豊橋市の二川駅から徒歩6分のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)。 のんほいパークに参加者が集まり、全国のマッパーを中心に、園内の地図作りを行います。

続きを読む →

2018年度豊橋3大学学生まちづくりハッカソンに協力してきました!

9/29(土)、10/28(日)に豊橋3大学まちづくりハッカソンが開催されました。
我々、Code for MIKAWAのメンバーもこのイベントに協力させて頂きましたので、ご紹介します。

イベントに関しては、以下のページをご覧ください。

9/29(土)はアイディアソン、10/28(日)に最終成果発表という形で行われました。 イベントの様子を簡単にご紹介します!

続きを読む →

シブすぎ男泣き漫画家の見ル野栄司さんを囲んでみた

この前、急遽、半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の企業に10年勤務し、漫画家になった見ル野栄司さんが豊橋に遊びに来てくれました。

早速、オープンデータ伝道師になっていただきました!
]1 早速、オープンデータ伝道師になっていただきました!

見ル野さんは、ものづくり企業の若者が腕を競い合う技能五輪を描いた青春ドラマ漫画や、ものづくりの現場を丹念に取材し、そこで活躍する人々の魅力を紹介するルポ漫画、伝説のシブすぎエンジニアのフィクションとノンフィクションの狭間の漫画、奇天烈少年野球漫画、宇宙ステーションものづくり中小企業SF漫画、特異キャラのインコさんが活躍する変態漫画などなど。さらに、自身でも時速330キロピッチングの野球盤などありえない製品を形にしています。 このように、ご自身のキャリアと変態キャラを存分に発揮した仕事を上梓されており、私たちは彼の大ファンなのです。 (見ル野さんのホームページ

続きを読む →

かわしんビジネス交流会でオープンデータを活用したアプリが展示されました

10月12日、13日にかわしんビジネス交流会が開催されました。

このイベントは、豊川信用金庫が主催しており、各企業が自社により興味を持っていただくために、自社の技術や商品をPRするためのイベントです。
今回、このイベントでは、中部IT共同組合のブースの中でオープンデータを活用した2つのアプリが展示されました。

  • VR手筒花火
  • トヨッキーになってみりん

この2つのアプリの内容と展示の様子をご紹介いたします。

VR手筒花火

VR手筒花火は、全天球カメラでとった全天球画像を利用し、豊橋・豊川の名所で手筒花火を疑似的に体験することのできるようにしたものです。

東三河オープンデータにて公開されている豊橋・豊川の名所の全天球画像を利用し、VR空間で出力することによって仮想現実上での体験を可能にしています。

実際に使われた本物の手筒へセンサーを取り付けることにより、VR空間内の手筒花火と動きをリンクさせて、とてもリアリティが高くご体験頂けます。

kawashin2018_VR手筒花火3

実際にご体験頂いた方からは地元の名所で手筒花火を上げるという普段は絶対にできないことが、リアリティのあるものとして、VR空間上で体験できるのは面白いといった声も頂き、楽しんで頂くことができました。

続きを読む →

AIを使ったきゅうりの自動選別 – 業務で使える!AI活用セミナー

2018年10月10日(水)に「AIを使ったきゅうりの自動選別 – 業務で使える!AI活用セミナー」と題したイベントをCode for MIKAWAと中部IT協同組合で共催という形で開催いたしました。

きゅうりのAIチラシ_20181010

このイベントは注目度の高いAI(人工知能)に関する注目度の高いイベントということもあり、なんと115人もの多くの方にご参加頂き、大変好評でした。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

続きを読む →

「おにどこ」実験データを活用した豊橋技術科学大学での研究のご紹介

今回はCode for MIKAWAも協力を行った「おにどこ」実証実験で得られたデータを活用して、豊橋技術科学大学のユビキタスシステム研究室(大村研究室)で行われた研究についてご紹介します。

IMG_4529_mod

豊橋鬼祭は毎年2月に行われる安久美神戸神明社の祭礼です。祭りのクライマックスでは赤鬼と天狗が神社の境内を出て町を練り歩きます。このとき鬼は厄除けになるというタンキリ飴と白い粉(小麦粉)をまきます。

IMG_7859

この鬼と天狗がどこにいるかをGPSで追跡し、観客が鬼や天狗に会いに行く手助けをするのが「おにどこ」です。豊橋技術科学大学のユビキタスシステム研究室(大村研究室)、建築設計情報学研究室(水谷研究室)、株式会社 ウェブインパクトによって開発、運用実験が行われました。
Code for MIKAWAも実証実験の協力をさせていただきました。

おにどこの概要については、以下のチラシをご覧ください。
おにどこ概要

続きを読む →

Code for Japan Summit 2018に参加してきました

9/22(土)と9/23(日)の2日間、新潟県の新潟国際情報大学新潟中央キャンパスにて開催されたCode for Japan Summit 2018に参加してきました。

Code for Japan Summitは年に1回開催される、各地域で活動されているシビックテックプレイヤーが各々の活動内容や成果を発表・共有するイベントになります。

毎年テーマをもって開催されており、今回のテーマは「Salvage(サルベージ)」でした。

2018年のテーマは「Salvage(サルベージ)」。 引き上げたり、救い上げたり、状況を打開するという意味を込めました。 地域社会の未来をともに作るには、「人」、「活動」、「文化」や「思い」とった地域の宝物を掘り起こし、見直し、活用することは不可欠。 私たちは、CfJ Summitを通して、“宝物“をサルベージし、自らの手で未来に踏み出せることを目指します。

我々、Code for MIKAWAは2年前の横浜、昨年の神戸に引き続き、3回目の参加となります。

続きを読む →

「retroscope」を活用した豊橋今昔マップの紹介

豊橋創造大学の鳥居樹生(いつき)君が「retroscope」を活用した豊橋の今昔マップを作成してくれましたので、ご紹介します。

これは豊橋創造大学から株式会社ウェブインパクトへインターンシップとしてきた鳥居君がインターンシップ研修の一環として取り組んだ、シビックテックの活動につながる成果物となります。

retroscope_toyohashi_1961-1969

特に旧狭間小学校や名豊ビルの辺りのポイントを見て頂くと、1960年代当時と現在の違いが見れますのでぜひご覧ください。

続きを読む →